ぱぱみかんさんは      みなさんの生活を応援したい      そして応援されたい      それが ”みかんアルゴリズム”      絶賛・自費製作中です!      ホーム画面に追加よろしく~
新型の感染症にはどう対処すればいい?

新型の感染症にはどう対処すればいい?(新型コロナとか)

今日現在、新型コロナで世間がざわついています。

ちまたではパニックを起こさないこと、インフルエンザと同様の予防策でよい、手洗い・うがい・マスクが有効といった意見が囁かれていますが、果たしてそれで良いのでしょうか。

ぱぱみかんさんの見解でお答えしてみたいと思います。

新型コロナウィルスの”新型”とは

新型コロナが騒がれていますが、新型とはどういうことでしょうか。

新型:”新しい”型、つまり前例のないウィルスということです。

ということは、症例も治験もまだ無いということ、つまり感染力・毒性・変異性を正しく理解出来ている人が一人も居ないということです。

たとえ”過剰に心配することなく”と言われたとしても、その意見に根拠が無ければ、信用すべきではありません。

情報を鵜呑みにしないこと

新型である以上、だれもその真の姿を知らないということです。

一番大事なことは、他社からあたえられる情報を鵜呑みにせず、自分でしっかり調べて、判断して、適切な行動をとる事です。

新型コロナウイルスの場合、

ジョンズ・ホプキンズ大学が公開している新型コロナの感染マップを見ると、現在報道されている情報の怪しさが分かります。

Confirmed(感染確定):11374人

Deaths(死者数) :259人

Recovered(回復者数) :252人

危険性は低いといいつつ、確認出来ている回復者数が死亡者と同等の数字です。

これでは致死率50%です。

実際にはそうでは無く、回復確認が取れていないだけだとは思いますが、それは裏を返せば、全く感染をコントロール出来ていないとう事が言えるのではないでしょうか。

気味の悪い話です。

まずは感染しないこと

感染の方法が明確になっていない状況では、空気感染・飛沫感染・接触感染の全てを疑って対処しましょう。

ぱぱみかんさんは医学に精通している訳ではないので、以下はあくまで私個人の見解です。

空気感染・・・人混みや密室に近寄らない。やむを得ない場合も長期滞在は避ける。
飛沫感染・・・マスクと眼鏡を着用し、目/口/鼻を隠す。手で顔に触れない。外食は極力避ける。こまめに手を洗う。
接触感染・・・ 手で顔に触れない。外食は極力避ける。こまめに手を洗う。

抵抗力を落とさない

健康な人体は外敵に対して優秀な防衛力を持っています。

ただしそれは人体が、最高のパフォーマンスを把持している状況に限ります。弱っていてはその防衛力も発揮出来ません。

薬やサプリメントに過剰な期待をせず、正しく自分のパフォーマンスを維持しましょう。

睡眠をしっかりとる・・・時間が重要ではありません。疲れを残さない様に、体の状態を確認しながら睡眠時間をコントロールしましょう。
バランスの良い食事を心がける・・・偏った食事は避けましょう。”健康に良い””予防に良い”からといって、過剰摂取は返って健康を妨げます。人体の構造は複雑です。情報に振り回されず、良いと言われる物も悪いと言われる物もバランスよく摂取しましょう。
体を冷やさない・・・冷えは万病のもとです。油断はせず暖かい服装を意識して、冷えた場合は食事や風呂で暖をとり、冷えたままにしておく事は避けましょう。

それでも感染が疑われるときは

ここが一番慌ててはいけないところです、冷静に対処が必要です。

自分がおちいっている症状をしっかりと確認して把握する
病院に行く前に、事前に電話で確認(指定感染症が疑われる場合は保健所に相談・普通の病院では検査出来ない場合もある)
病院での感染に注意する。(むやみに病院に出入りするのは危険です。しっかり対処したうえで、必要最低限で病院を利用しましょう)

出所や根拠のはっきりしない情報に惑わされず、きっちりと自分で判断して、適切な行動をとるようにしましょう。

家族や子供さんが熱や咳の症状を見せた場合も、慌てずきっちりと予防線をはったうえで、病院に行くように心がけてください。

家に帰ったら手洗いを忘れず、必要ならシャワーも浴びましょう。

最後に

よくわからない新種の病気の対策は、花粉症の対策と類似していると思います。

・ウィルス/菌(花粉)を体内に取り入れない

・ウィルス/菌(花粉) が体に付着したら、あちこち触らずにこまめに洗い流す

・保湿を行って、肌や粘膜のバリア機能を低下させない

・ウィルス/菌(花粉)が多いところに近寄らない 。

花粉症対策として、広く知られている行為は、色々な感染症にも共通して有効と思われます。

普段から意識して行動しましょう。

 

PREMIUM WATER
プレミアムウォーター
・小さなお子様がいる家庭に!
・料理や飲み物に!
・インテリアの一部としてコーディネート♪

安心・安全なウォーターサーバー、徹底的な品質管理で赤ちゃんにもOK!自然の恵みそのままの美味しさを。